« ブラフ18番館サマーコンサート「近代・現代音楽の繊細・優雅な音楽世界」のお知らせ | トップページ | 「横浜山手西洋館世界のクリスマス2016/キャンドルガーデンコンサート」 のお知らせ »

2016年9月 1日 (木)

ブラフ18番館サマーコンサート 近代・現代音楽の繊細・優雅な音楽世界

8月27日(土)、姉妹デュオで、ブラフ18番館サマーコンサートに出演させて頂きました。
 
今回も、ラヴェルを中心に、フォーレやミヨー等、フランス音楽で統一したプログラムを組ませて頂きました。
(プログラムをクリックすると拡大します。)
 
Photo_3
 
この他に、中間部で、ヴィブラフォンソロによるモンゴル民謡を1曲と、アンコールに、ラヴェルが師匠であるフォーレに捧げた、「フォーレの名による子守歌」、サティの「ジムノペティ」と、3曲演奏致しました。
 
コンサートには、雨の中、約100人のお客様にご来場頂きました。客席は、サンルーム+2つの繋がったお部屋なので、後ろの方のお客様はずっと立ち見でしたが、最後まで演奏を聴いて下さり、心から感謝しております。
 
A_2
↑左上が、作曲家の瓶広志さんです。
(大学4年の卒業時、二瓶さんの作曲科卒業作品(管弦打楽器室内楽曲)で、マリンバを演奏させて頂きました。)
 
今回のコンサートでは、大学時代の友人で作曲家の二瓶広志さんに最後のメイン2曲の編曲をお願い致しました。
福島からはるばるコンサートを聴きに来て下さり、大学卒業以来、初めてお会いしました。
懐かしい二瓶広志さんの姿を客席の中に見て、感動しながら、演奏させて頂きました。
 
メイン曲の1つ、「高雅で感傷的なワルツ」は、かなりの大曲で、実は8曲全て編曲して頂いたのですが、今回は時間的に難しく、抜粋にさせて頂きました。
二瓶さんらしく、凝りに凝った素晴らしいアレンジなので、いずれ、全曲(20分近くかかります。)通して演奏させて頂くつもりでおります。
 
今回、沢山のお客様に御来聴頂いた中、素敵な会場で、豪華なアレンジで、本当に楽しく演奏させて頂きました。
 
A_5
今回もマリンバとヴィブラフォンの生徒さん、赤堀さんが、素敵な写真を撮って下さいました。 (*^-^*)
 
ヴィブラフォンという珍しい楽器で、新しい可能性に挑戦したくて、フランス音楽を中心としたクラシックやヒーリング音楽(デュオ及び、ソロ)を研究してきましたが、演奏会で研究の成果をお客様に聴いて頂けるのが、私達の何よりもの喜びです。
これからも、沢山のお客様に喜んで頂けるよう、日々、努力を重ねて行きたいと思っております。
 
Duo-La mer

※大変申し訳ございませんが、2016年11月19日(土)に予定されていた、「ブラフ18番館サロンコンサート」は、 都合より、中止となりました。クリスマスコンサートは、予定通り、演奏させて頂きます。

2016/12/23(金)、雨天の場合は2/24(土) ブラフ18番館クリスマス・キャンドルコンサート(夜) 「クリスマス・ヴィブラフォンの調べ」(出演:Kanako)

 
 

« ブラフ18番館サマーコンサート「近代・現代音楽の繊細・優雅な音楽世界」のお知らせ | トップページ | 「横浜山手西洋館世界のクリスマス2016/キャンドルガーデンコンサート」 のお知らせ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1761343/67280174

この記事へのトラックバック一覧です: ブラフ18番館サマーコンサート 近代・現代音楽の繊細・優雅な音楽世界:

« ブラフ18番館サマーコンサート「近代・現代音楽の繊細・優雅な音楽世界」のお知らせ | トップページ | 「横浜山手西洋館世界のクリスマス2016/キャンドルガーデンコンサート」 のお知らせ »

フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ