2018年3月26日 (月)

エリスマン邸ピアノBGM演奏

2018年3月24日(土)、エリスマン邸様で、ピアノBGM演奏をさせて頂きました。
ソロ・ヴィブラフォンの時と同じく「癒し」をテーマに、長年弾き続けてきた私のボサノヴァ・ピアノのレパートリーの中から、20曲近く、厳選して演奏させて頂きました。
 
(ボサノヴァ・ピアノは、独特のリズム形態で構成されているため、クラシック・ピアノとは異なり、ヒーリングミュージックでありながら、どちらかというと打楽器に近いジャンルに入ります。)
 
Photo_3
ボサノヴァは、ジャズとサンバが融合したブラジル音楽です。クールなジャズよりもヒーリング効果が高く、色彩感が出しやすく豊かな音楽表現が可能な面では、ジャズよりもクラシック音楽に近いのではないかと私は思っております。
 
【演奏曲目】
・Wave
・イパネマの娘
・フェリシタージ
・ビリンバウ
・バトュカーダ
・シナモン&クローブ 他
 
ボサノヴァ・ピアノ:安田可奈子(インストゥルメンタル)
(カホン:赤堀麻衣子)
 
エリスマン邸様のクラシック&モダンな雰囲気とボサノヴァの柔らかい雰囲気が溶け合い、感動しながら演奏させて頂きました。
 
Photo_2
クリスマスの時と同じく、生徒さんの赤堀麻衣子さんが、数曲カホン(パーカッション)で参加して下さいました。
 
一番最初と最後に演奏した「Wave」は、今回、大好きな小泉ニロさんの演奏を参考にして演奏させて頂きました。
最初から最後までお聴き下さったお客様には、「豪華ホテルのラウンジで生演奏を聴いているようだ。」と仰って頂き、感激いたしました。お客様には、「フェリシタージ」と「シナモン&クローブ」を気に入って頂けたようで嬉しかったです。
 
(「バトュカーダ」と、「ビリンバウ」もお洒落なカフェで流れていそうなBossa Novaです。)
Photo_4
♪今回は聴きに来て下さった生徒さん、梶山美香子さんが素敵な写真を沢山撮ってくれました。
 
次回は、8月26日(土)にエリスマン邸様のサマーコンサートに、ソロヴィブラフォンで出演させて頂く予定です。
サマーコンサートでは、友人で作曲家の二瓶広志さんの新作を初演させて頂く予定です。
エリスマン邸様には、今回、大変貴重な機会を頂き、心から感謝しております。
今後も山手の雰囲気に合った「癒しの音楽」を演奏して行くことができたらと願っております。
 
k.yasuda
 
New!2018/8/26(日) エリスマン邸サマーコンサート 「クラシック・ヴィブラフォンの調べ」 (出演::Solo Vibraphone:安田可奈子) 

2017年12月26日 (火)

「山手西洋館世界のクリスマス2017」 エリスマン邸クリスマスコンサート

12月23日(土)、「山手西洋館世界のクリスマス2017」 エリスマン邸様のクリスマスコンサートにソロ・ヴィブラフォンで出演させて頂きました。

エリスマン邸様で演奏させて頂くのは初めてでしたが、今回、有難く庭園でのコンサートのお話を頂き、クリスマスのロマンティックな雰囲気の中で感動しながら演奏させて頂きました。

【演奏曲目】  

讃美歌94番:O come,O come,Emmanuel、讃美歌109番:Silent Night 
クリスマス・キャロル:We Wish You a Merry Christmas 
カッチーニ:アヴェ・マリア 
ブレイク:スノーマン組曲より、「Walking in the Air」 
ロペス:「アナと雪の女王」より、「レット・イット・ゴー」 
ワム:ラスト・クリスマス 他
Img_20171223_163613_4
夕暮れ時の山手です。ライトが次々と灯りはじめ、山手の景色は美しさを増します。

Img_20171223_163457

①15:30~と、②16:30~との2回、いずれも約40分間に渡り、クリスマスソングを演奏させて頂きました。

Img_20171223_163524

山手の澄んだ冷たい空気の中、ヴィブラフォンの透明感のある音色がよく響き、神聖な気持ちで演奏させて頂きました。今年も昨年に続き、「サイレント・イヴ」が人気でした。

Img_20171223_170647

最後に演奏した「ラストクリスマス」と「レット・イット・ゴー」の2曲は、生徒さんの赤堀麻衣子さんが、パーカッション(カホン、タンバリン、トライアングル)で参加して下さいました。 

Img_20171223_172416

館内も美しく「デンマーク」のクリスマスコーディネートがされておりました。クリスマスの雰囲気を楽しむお客様で一杯です。

Img_20171223_172501

エリスマン邸様のリビングルームです。3/24(土)、14:00~、エリスマン邸様のアンティーク調の可愛いピアノで、ずっと念願だったボサノヴァ・ピアノのBGM演奏をさせて頂くことになりました。(こちらも赤堀麻衣子さんが数曲、パーカッションを付けてくれる予定です。)

コンサートでは、寒い中、演奏をお聴きくださったお客様には、本当に感謝しております。私も常にヴィブラフォンの選曲の研究をしているため、お客様に感想を頂くことがとても勉強になります。

これからも、このヴィブラフォンという楽器が、ますます横浜に似合う楽器になるよう、沢山の方に喜んで頂ける音楽創りを目指して、精一杯、頑張って行きたいと思っております。

最後に今回、素晴らしい演奏の機会を下さいましたエリスマン邸様には感謝の気持ちで一杯です。

K.yasuda

New!2018/3/24(土) エリスマン邸ピアノBGM演奏  (ボサノヴァ・ピアノ:安田可奈子) 

New!2018/8/26(日) エリスマン邸サマーコンサート 「クラシック・ヴィブラフォンの調べ」 (出演::Solo Vibraphone:安田可奈子) 

2017年10月17日 (火)

山手111番館アットホームコンサート「クラシック・ヴィブラフォンの調べ」

2017/10/15、山手111番館様主催の「山手111番館アットホームコンサート」に出演させて頂きました。
 
【演奏曲目】   

バッハ:リュート組曲第1番より

セジョルネ:Katamiya(マリンバ曲)

二瓶広志:前奏曲とフォルラーヌ(作品) 他

出演:Solo Vibraphone:安田可奈子

今回のコンサートは、ヒーリング音楽、民族音楽、現代音楽、フランス音楽でプログラムを組ませて頂きました。
山手111番館様の吹き抜けホールにオルガンのようにヴィブラフォンの音色が響き、大変心地よく演奏させて頂きました。 
Img_20171015_150745
2~3曲ずつ曲説明を交えながら、演奏させて頂きました。
今回のコンサートでは、大学時代の友人で作曲家の二瓶広志さんに委嘱して書いて頂いた「前奏曲とフォルラーヌ」という作品を、メインで演奏させて頂きました。
今回、ヴィブラフォンの音色に合わせ、ラヴェル風のソロ曲を書いて下さいました。
フランス音楽と現代音楽が融合した二瓶氏らしい、美しく繊細でありながらも斬新な作品で、ご来場くださったお客様や生徒さん達からは、今までの曲風とは違って響きが新鮮だと大好評でした。
Img_20171015_150949
左上が↑「前奏曲とフォルラーヌ」を書いて下さった、作曲家の二瓶広志さんです。
【前奏曲とフォルラーヌ 楽曲解説】
1 前奏曲
当初、フォルラーヌと対になる舞曲(ミュゼットを中間部に持つメヌエット)として
書き進められた。8小節の単純な主題の変奏によるダ・カーポ形式。ミュゼットを模した
中間部も持つが、音によるモザイクの様相を見せる前奏曲の亜流でもある。
 音の佇まいの美しさとその移り変わりを意識して作られた。
2 フォルラーヌ
小さな前奏を持つフォルラーヌ。
 元来ジグのような楽しげな舞曲であるがラヴェル作曲「クープランの墓」の同曲のような
明るさの中にある物悲しさを目指した。
隠喩として、前半部は十字架を模す#系の音楽。人間には制御できない神の力。
 後半部は、涙を模した♭系の音楽。神の威力の前に無力な私たちはただ踊ることしか
できない。
またこの調性は増四度の関係にあるが不思議と調和しており、相入れない状況や感情の
同居を表してもいる。
(二瓶広志)
Download2
♪開演前の写真です。今回も生徒さんの赤堀麻衣子さんがカメラマンになってくれました。
今回、「前奏曲とフォルラーヌ」に合わせて、プログラムを組ませて頂いたため、いつものBGM的なヒーリング系コンサートよりも、高級感のあるコンサートを演出できたのではないかと思っております。
今回、雨の中ご来場くださったお客様方、お世話頂いた西洋館の方々、素晴らしい曲を書いて下さった作曲家の二瓶広志さんには心から感謝しております。
次回は、12/23(土)に、エリスマン邸様の庭園でクリスマス演奏をさせて頂く予定です。
エリスマン邸様、今年は、デンマークがテーマにコーディネートされているそうです。
ご興味があおりの方は是非聴きにいらして下さい。

New!(「山手西洋館世界のクリスマス2017」 エリスマン邸クリスマスコンサート)  

2017年12月23日(土) ①15:30~、②16:30~:2回 会場:エリスマン邸庭園(山手西洋館) 

出演:Solo Vibraphone:安田可奈子 「クリスマス・ヴィブラフォンの調べ」

 

2017年9月 9日 (土)

♪山手111番館アットホームコンサート 「クラシック・ヴィブラフォンの調べ」の お知らせ

2017/10/15に出演させて頂きます、山手111番館様主催の「山手111番館アットホームコンサート」についてお知らせさせて頂きます。

日時は下記の通りです。

2017年10月15日(日) 14:00開演  出演:ソロ・ヴィブラフォン:安田可奈子

会場:山手111番館(山手西洋館) 住所:横浜市中区山手町111

アクセス:みなとみらい線元町中華街駅6番出口より徒歩7分(港の見える丘公園内)

Yamate111

Solo Vibraphone:安田可奈子

【演奏曲目】   

バッハ:リュート組曲第1番より

セジョルネ:Katamiya(マリンバ曲)

二瓶広志:前奏曲とフォルラーヌ(委嘱作品) 

山手111番館様は、吹き抜けホールのある、響きがとても素晴らしい西洋館です。

【6番出口から徒歩の場合】

元町メイン通りにある、「みなとみらい線元町中華街駅」改札口から、エレベーター(エスカレーター)を上がり、「アメリカ山公園」の中にある6番出口を出て、真っ直ぐ道なりに坂を登って行くと外人墓地の入口があります。

外人墓地の入口を左折、道なりに歩くと信号があり「港の見える丘公園」が見えて来ます。信号を港の見える丘公園側へ渡り、公園内には入らず右折、20mほど歩くと、イギリス館の入口があります。111番館はイギリス館の隣です。(駅から徒歩7分)

駅の6番出口につきましては、ご近所の神奈川近代文学館のアクセスを途中まで、お借り致しました。(山手111番館は、イギリス館横浜インターナショナルスクールの近くにあります。)

この辺りは、街並みがとても素敵で、歩いていると本当に異国の地に迷い込んだような気分になります。

E624e0d127f0294c2a7b6d451250c93e1_2

(写真:公益財団法人 横浜市緑の協会)

10月のコンサートでは、大学時代の友人で作曲家の二瓶広志さんに、委嘱して作曲して頂いた曲を演奏する予定です。今回、ヴィブラフォンの音色に合わせて、ラヴェルの響きを思わせる、フランス風の素敵な作品を書いて下さいました。
 
二瓶広志さんは、昨年のサマーコンサートでラヴェルの「水の戯れ」と、「高雅で感傷的なワルツ」を編曲して下さった方です。
ご興味がおありの方は是非聴きにいらして下さい。
 
K.Yasuda

2017年9月 8日 (金)

ブラフ18番館サマーコンサート  「クラシック・ヴィブラフォンの調べ」

8月26日(土)、ブラフ18番館様主催の「ブラフ18番館サマーコンサート」に、ヴィブラフォン・ソロで出演させて頂きました。 
Img_20170826_134006_4
♪今年も沢山のお客様にご来場頂き、満席になりました。
今回のコンサートでは、「夏」をテーマに、ヒーリング音楽や、ボサノヴァなど、涼しげで爽やかな楽曲を選曲をさせて頂きました。
(今回も生徒さんの赤堀麻衣子さんが素敵な写真を沢山撮って下さいました。)
 
【演奏曲目】   
    
ボロディン:ダッタン人の踊り~ボサノヴァ風~    
ゴメス:マリンバのための「ジターノ」    
エンヤ:カリビアン・ブルー  
出演:Solo Vibraphone:安田可奈子 
 
今回のコンサートでは、夏らしいとのことで、聴きにきて下さったお客様からは「ダッタン人の踊り~ボサノヴァ風~」と、「カリビアン・ブルー」が大好評でした。皆様から沢山のご意見を頂き、嬉しかったです。
Img_20170826_153527_2
♪西洋館も夏らしい素敵なテーブルコーディネートがされていました。
次回、10月15日(日)では、山手111番館様主催の「山手111番館アットホームコンサート」に出演させて頂く予定です。
 
10月のコンサートでは、大学時代の友人で作曲家の二瓶広志さんに、委嘱して作曲して頂いた曲を演奏する予定です。
今回、ヴィブラフォンの音色に合わせて、ラヴェルの響きを思わせる、フランス風の素敵な作品を書いて下さいました。
二瓶広志さんは、昨年のサマーコンサートでラヴェルの「水の戯れ」と、「高雅で感傷的なワルツ」を編曲して下さった方です。
ご興味がおありの方は是非聴きにいらして下さい。
K.Yasuda

New!(山手111番館アットホームコンサート  クラシック・ヴィブラフォンの調べ)  

2017年10月15日(日) 14:00開演 会場:山手111番館(山手西洋館) 住所:横浜市中区山手町111

出演:Solo Vibraphone:安田可奈子 

バッハ:リュート組曲第1番より 

セジョルネ:Katamiya(マリンバ曲) 

二瓶広志:前奏曲とフォルラーヌ(委託作品) 他

2016年12月27日 (火)

「横浜山手西洋館世界のクリスマス2016/キャンドルガーデンコンサート」

12月23日、「横浜山手西洋館世界のクリスマス2016/ブラフ18番館キャンドルガーデンコンサート」でヴィブラフォン演奏をさせて頂きました。
キャンドルガーデンコンサートは、2012年に、山手イタリア山公園の噴水の前で演奏させて頂いておりますが、今回はブラフ18番館の旧玄関で演奏させて頂きました。
Photo_5
今年も17時~と18時~と2ステージ演奏させて頂きました。
ブラフ18番館がイルミネーションでおとぎの国のように可愛らしくライトアップされており、ロマンティックな雰囲気の中、神聖な気持ちで演奏させて頂きました。
Photo_6
幸いにもお天気に恵まれ、沢山のお客様にクリスマスソングを聴いて頂くことができました。                          
今年は、「レット・イット・ゴー」と「サイレント・イヴ」が大好評でした。【演奏曲目】詳細
20161223_165024  
今回もマリンバとヴィブラフォンの生徒さんの赤堀さんが素敵な写真を撮ってくださいました。♪
コンサートでは、寒い中、演奏をお聴きくださったお客様には、本当に感謝しております。私も常にヴィブラフォンの選曲の研究をしているため、お客様に感想を頂くことがとても勉強になります。

これからも、このヴィブラフォンという楽器が、ますます横浜に似合う楽器になるよう、沢山の方に喜んで頂ける音楽創りを目指して、精一杯、頑張って行きたいと思っております。

K.yasuda

New!2017/8/26(土) ブラフ18番館サロンコンサート「クラシック・ヴィブラフォンの調べ」(出演:Kanako)

New!2017/10/15(日) 山手111番館アットホームコンサート「クラシック・ヴィブラフォンの調べ」  (出演:Kanako)

 

2016年12月11日 (日)

「横浜山手西洋館世界のクリスマス2016/キャンドルガーデンコンサート」 のお知らせ

今月23日(金) に出演させて頂きます、「横浜山手西洋館世界のクリスマス2016/ブラフ18番館キャンドルガーデンコンサート」についてお知らせさせて頂きます。

クリスマスシーズンになりますと、横浜山手西洋館では、各西洋館にテーマ国を設けてクリスマス装飾で華やかに彩る「横浜山手西洋館世界のクリスマス」が開催されます。期間中は、  西洋館の外観にはイルミネーションを施し光のファンタジーが演出されます。

その中のひとつに、山手イタリア山庭園で行われる、庭園全体にに2000本のキャンドルを灯す、「山手イタリア山庭園キャンドルガーデン」というイベントがあります。

Pc2305061_2

キャンドルガーデンコンサートには、2012年にも出演させて頂いておりますが今年も有難くお話を頂き、演奏させて頂くことになりました。日時は下記の通りです。 

2016年12月23(金) 17:00~ 18:00~(2回公演)※雨天の場合12/24(金)  
会場:ブラフ18番館(山手西洋館) アクセス:JR石川町駅元町口より徒歩5分(山手イタリア山庭園内)

525538_270115729788700_183481713__3

Solo Vibraphone:安田可奈子

【演奏曲目】 

讃美歌94番:O come,O come,Emmanuel、讃美歌109番:Silent Night
クリスマス・キャロル:We Wish You a Merry Christmas
ッハ:G線上のアリア 
カッチーニ:アヴェ・マリア
ブレイク:スノーマン組曲より、「Walking in the Air」
ロペス:「アナと雪の女王」より、「レット・イット・ゴー」
ワム:ラスト・クリスマス
ッハ:カンタータ147番「主よ、人の望みの喜びよ」
 
※曲目は、都合により変更する場合がございます。
(キャンドルガーデンでは、ここ数年、クリスマスに演奏させて頂き、好評だった曲を抜粋して演奏させて頂く予定です。)
Pc2305051
4_2_21
クリスマス三連休の初めの日です。異国の雰囲気が漂う中、ライトアップされたイタリア山庭園と西洋館が美しく、とても幻想的なイベントです。

お時間のある方、ご興味がおありの方は、是非、クリスマスの雰囲気を楽しみに聴きにいらして下さい。

K.Yasuda

2016年9月 1日 (木)

ブラフ18番館サマーコンサート 近代・現代音楽の繊細・優雅な音楽世界

8月27日(土)、姉妹デュオで、ブラフ18番館サマーコンサートに出演させて頂きました。
 
今回も、ラヴェルを中心に、フォーレやミヨー等、フランス音楽で統一したプログラムを組ませて頂きました。
(プログラムをクリックすると拡大します。)
 
Photo_3
 
この他に、中間部で、ヴィブラフォンソロによるモンゴル民謡を1曲と、アンコールに、ラヴェルが師匠であるフォーレに捧げた、「フォーレの名による子守歌」、サティの「ジムノペティ」と、3曲演奏致しました。
 
コンサートには、雨の中、約100人のお客様にご来場頂きました。客席は、サンルーム+2つの繋がったお部屋なので、後ろの方のお客様はずっと立ち見でしたが、最後まで演奏を聴いて下さり、心から感謝しております。
 
A_2
↑左上が、作曲家の瓶広志さんです。
(大学4年の卒業時、二瓶さんの作曲科卒業作品(管弦打楽器室内楽曲)で、マリンバを演奏させて頂きました。)
 
今回のコンサートでは、大学時代の友人で作曲家の二瓶広志さんに最後のメイン2曲の編曲をお願い致しました。
福島からはるばるコンサートを聴きに来て下さり、大学卒業以来、初めてお会いしました。
懐かしい二瓶広志さんの姿を客席の中に見て、感動しながら、演奏させて頂きました。
 
メイン曲の1つ、「高雅で感傷的なワルツ」は、かなりの大曲で、実は8曲全て編曲して頂いたのですが、今回は時間的に難しく、抜粋にさせて頂きました。
二瓶さんらしく、凝りに凝った素晴らしいアレンジなので、いずれ、全曲(20分近くかかります。)通して演奏させて頂くつもりでおります。
 
今回、沢山のお客様に御来聴頂いた中、素敵な会場で、豪華なアレンジで、本当に楽しく演奏させて頂きました。
 
A_5
今回もマリンバとヴィブラフォンの生徒さん、赤堀さんが、素敵な写真を撮って下さいました。 (*^-^*)
 
ヴィブラフォンという珍しい楽器で、新しい可能性に挑戦したくて、フランス音楽を中心としたクラシックやヒーリング音楽(デュオ及び、ソロ)を研究してきましたが、演奏会で研究の成果をお客様に聴いて頂けるのが、私達の何よりもの喜びです。
これからも、沢山のお客様に喜んで頂けるよう、日々、努力を重ねて行きたいと思っております。
 
Duo-La mer

※大変申し訳ございませんが、2016年11月19日(土)に予定されていた、「ブラフ18番館サロンコンサート」は、 都合より、中止となりました。クリスマスコンサートは、予定通り、演奏させて頂きます。

2016/12/23(金)、雨天の場合は2/24(土) ブラフ18番館クリスマス・キャンドルコンサート(夜) 「クリスマス・ヴィブラフォンの調べ」(出演:Kanako)

 
 

2016年1月18日 (月)

山手111番館アットホームコンサート「クラシック・ヴィブラフォンの調べ」

1/10(日)、「山手111番館アットホームコンサート」に、ヴィブラフォン・ソロ(無伴奏)で出演させて頂きました。

Img_04052

当日は、幸いにもお天気に恵まれ、吹き抜けホールとマントルピースの裏側のお部屋もお客様で満席となりました。

(リハーサルの段階で、ホールに音が響きすぎてしまいうということで、本番は、共鳴管を半分閉じた状態で演奏させて頂いたのですが、本番で予想以上のお客様が入られ、座る場所によっては、音が聞えにくかった可能性があり、申し訳ございませんでした。)

Img_04042

今回のコンサートでは、木目調のホールで木のぬくもりとヴィブラフォンの心地よい響きを楽しんで頂けるよう、「森」と「癒し」をテーマに、幻想的なヒーリングミュージックで統一させて頂きました。(西洋館コンサートでは、雰囲気重視のため、演奏中の司会、トークはなしで演奏させて頂いております。)

【演奏曲目】

バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第1番より

ラフマニノフ:ヴォカリーズ 

フォーレ:パヴァーヌOp.50(ソロver.)  

出演(編曲):Solo Vibraphone:安田可奈子

今年度は、西洋館コンサートに夏、冬とあと2回出演予定です。8/27のみ、姉妹デュオLa mer(ピアノ&ヴィブラフォン)、その他2つはヴィブラフォン・ソロの予定です。

2016/8/27(土) ブラフ18番館サマーコンサート「近代・現代音楽の繊細・優雅な音楽世界」 (出演:姉妹デュオ La mer ) 

2016/12/24(土) ブラフ18番館クリスマス・キャンドルコンサート(夜) 「クリスマス・ヴィブラフォンの調べ」(出演:Kanako)

8/27(土)のサマーコンサートでは、大学時代の友人で作曲家の二瓶広志さんに作曲・編曲を委嘱した作品を初演する他、作曲家、山口景子さん編曲のラヴェルのソナチネを演奏する予定です。

Img_032711

♪今回も、マリンバとヴィブラフォンの生徒さん、赤堀さんが素敵な写真を沢山撮って下さいました。(^^♪

コンサートには毎回沢山のお客様にご来場頂き、本当に感謝しております。私も常にヴィブラフォンの奏法や選曲の研究をしているため、お客様に感想を頂くことがとても勉強になります。

これからもヴィブラフォンで沢山の方々の心を癒す演奏ができるよう、日々、努力を重ねて行けたらと思っております。

K.yasuda

2015年11月29日 (日)

ブラフ18番館サロンコンサート「クリスマス・ヴィブラフォンの調べ」

11/21(土)、「ブラフ18番館サロンコンサート」に、今年も、ヴィブラフォン・ソロ(無伴奏)で出演させて頂きました。

1_3

当日は、幸いにもお天気に恵まれ、2つのお部屋とサンルーム席もお客様で満席となりました。

今年も又、ヴィブラフォンの心地よい響きを楽しんで頂けるよう、「癒し」をテーマに、クリスマス曲を織り交ぜた、幻想的なヒーリングミュージックで統一させて頂きました。

【演奏曲目】         

カッチーニ:アヴェ・マリア    
フォーレ:パヴァーヌOp50
讃美歌94番:O come,O come,Emmanuel(クリスマス・キャロル)
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ 他
 
出演(編曲):Solo Vibraphone:安田可奈子

今年は、ずっと念願だった、フォーレのパヴァーヌOp50をヴィブラフォン・ソロで演奏させて頂きました。

フォーレのパヴァーヌは、ピアノとヴィブラフォンの姉妹デュオでは、過去に何度も演奏してきているのですが、どうしてもソロでも演奏がしたくて、今回のコンサートのために頑張って、4本マレットのソロ曲に直しました。(ヴィブラフォン単独で演奏するとパイプオルガンのような厳かな感じになります。)

途中、三声になる部分があり、技巧的にかなり大変だったのですが、なんとか綺麗な響きにまとめることができました。

この曲に関しては、感動したというお言葉を沢山頂くことが出来、本当に嬉しかったです。

3_2

♪今年は、マリンバとヴィブラフォンの生徒さん、赤堀さんが素敵な写真を沢山撮って下さいました。(^^♪

来年度は、西洋館コンサートに4回出演予定です。8/27のみ、姉妹デュオLa mer(ピアノ&ヴィブラフォン)、その他は全部ヴィブラフォン・ソロの予定です。

8/27(土)のサマーコンサートでは、大学時代の友人で作曲家の二瓶広志さんに作曲・編曲を委託した作品を初演する予定です。

2016/1/10(日) 山手111番館アットホームコンサート「クラシック・ヴィブラフォンの調べ」  (出演:Kanako)

2016/8/27(土) ブラフ18番館サマーコンサートフランス音楽の繊細・優雅な音楽世界」(出演:姉妹デュオ La mer )  

2016/11/19(土) ブラフ18番館サロンコンサート「クラシック・ヴィブラフォンの調べ」(出演:Kanako)

2016/12/24(土) ブラフ18番館クリスマス・キャンドルコンサート(夜) 「クリスマス・ヴィブラフォンの調べ」(出演:Kanako)

コンサートには、毎回沢山のお客様にご来場頂き、心から感謝しております。

これからもヴィブラフォンで沢山の方々の心に響く演奏ができるよう、日々、努力を重ねて行きたいと思っております。

K.yasuda

«ブラフ18番館サロンコンサート「クリスマス・ヴィブラフォンの調べ」 

フォト
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ